androidのアプリ開発の需要の高騰

スマートフォンの広まりは著しいものがあり、国民の多くが所有する時代が到来しています。その種類としてOS大別するとiOSで動作するものとandroidで動作するものとが主流となっており、好みに応じてこれらのどちらかを利用しているユーザーが大半を占めています。

従来型の携帯電話と比較してスマートフォンを利用するメリットの1つとして多彩なアプリを使用可能であるという点が挙げられます。しかし、実際に使えるものはこれらのOSの違いによって異なります。スマートフォンの出始めの頃は日本ではiOSの方に人気が高く、多くの人がこちらを選択しましたが、近年では両者の人気が高まっており、両者のアプリが積極的に開発されるようになっています。

特にandroidのアプリはiOSのものに比べて多数のものが存在するようになっています。これは開発や公開における制約が緩いためです。iOSの場合にはApple社による審査を受けて公開されることになるため、質の高いものしか存在することができません。

一方、androidの場合にはそういった制限がなく、自由に開発を行えるのです。そのため、企業や個人が開発に携わりやすい傾向があるのです。審査の過程を経ないことから開発から公開までの期間も短くなるため、開発競争の必要がある場合には好まれる傾向すら生まれ始めています。結果的に、開発に携わるエンジニアのニーズも高まってきています。

androidアプリと他のiOSとの比較やレビュー評価など、詳細が分かりやすく掲載されたサイトをご紹介します。⇒⇒【まずは実務!Androidアプリ開発のはじめの一歩
稼げるエンジニアへの一歩をぜひ踏み出してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です